ボラが何かに追われ、海面に大きなナブラ。

予想だにしなかった状況に一気にテンションが上がる。

だが、少なく見積もっても追われてるボラのサイズは40cmの超え。

マッチザベイト…とは、行かないが大振りなアクションで、もしかしたら?と、期待を込めMagnum Minnow シーバスエディションをキャスト。

ボイル地点より、少し沖目にキャストし、ロッドを煽り、ややルアーを潜行させてからゆっくりリトリーブ。
海面のザワつきは、相変わらずだが口を使わない。

次は、着水後に表層を引き波させるアクション。↓(Mangrove Studioさんから拝借)

表層で逃げ遅れたボラをイメージしながらリトリーブ。


ルアーの軌跡を月明かり越しに確認しながら巻いてくると、ブレイクからシャローに差し掛かった時に辺りに居たボラが一斉に逃げ惑う…

次の瞬間…

ガチッ!

っと、金属製の何かに殴られた様な、鋭い感覚の直後にRODがバットからひん曲がり、
トルクのある重たい突っ込みで、スプールからじわじわとラインが出て行く。

沖でフックを外そうと、全身を海面から出す程の激しいエラ洗い。

デカイ…

綱引きをしないように、慎重にロッドをバットから曲げ少しずつテンションを掛け応戦。

突っ込むとテンションを緩め、浮き上がると一気に巻き取る。 

途中、ボトムに張り付くような感覚があり、体力を回復させようとしてるのか?

直感的にヤバいと思い、一気にリフトアップ。

ゴバァ!!

水面付近に急上昇し、口を開け足元でエラ洗いの洗礼を浴びる。
横咥えしてたルアーがその瞬間、フロント以外のフックが2本外れた…。

慌てて、頭とは逆にRODを煽りなんとか口の外に掛かってくれた。

あとは、ゆっくり巻いて手の届く距離まで手繰り寄せ、リーダーを掴みオーシャングリップを下顎に噛ませようやく手中に収めた。
フロントフックが閂を捉えてた為、なんとか持ち堪えてくれた。

柔らかい、閂を貫いても伸ばされるフロントフック。

体高のあるカッコいい個体に、可愛らしいルアーカラー。


画  像  集  

1m8?9cmといったところでしょうか。


今回の遠征タックル
メインタックル
  • ロッド    Fishman  BRIST Marino8.0M
  • リール    DAIWA TDZILLION 100HL 
  • ライン    YGK G-soul X8 Upgrade PE3号
  • リーダー  VARIVAS ショックリーダー 60lb
使用ルアー

Mangrove Studio Magnum Minnow 200F Sea Bass

Fish Arrow   Vivid Cruise 150/170

Megabass           MAGDRAFT  等


今回も、釣友の名人さんに大変お世話になりました。

名人さんのアカメブログ↓


タックルのことから、ルアーのアクション等細かく解説してますので、大変参考になる記事ばかりです。

梅雨の合間や、これから夏に向け頻繁に通う中国山地。

ヤマメを求め分水嶺を越えた河川へ

今年は、fishmanのテスターでもある、釣友のほせお君がトラウトデビュー♪
という事で、少しお手伝い。
ようこそ…トラウトの世界へw

fishmanといえば…

軽量ルアーのピン撃ち専用ベイトロッド。
ベイトで渓流w
慣れるとスパっと低弾道のキャストが決まる不思議なロッド。
Sierraを並べて、撮影してるところを撮影(笑)
持ち前の行動力とセンスで、良い個体を量産中w

その模様は、ほせお君のSNS?ブログ?で発信されるんじゃないかな?


釣行風景はこんな感じ。
小場所は交互に攻めながら歩く。
比較的、魚の着き場の範囲が広い川を選択し徒渉する。

外的要因がなければ、ほぼ外れを引く事はないかなと…。

とは言え、昨日の川は厳しかった(笑)

目標とするサイズは出ず。数も不本意…。
前日は40超えのヤマメも出てたみたいだけど、チェイスのみ。

あまりに不甲斐なくて、キャスト練習を兼ね今朝は1時間だけ通い慣れたアマゴの渓へw

家から40分程で入渓場所に着くので、
5時過ぎに家を出て、8時過ぎには家に何気なく居る…
嫁の寝てる間釣行(笑)
両手と少し余るくらいの数のアマゴが戯れてくれて、癒されたw

さて、次は来週末、
どこの河川に行こうかな〜
人気山陰シーバスガイド船

AMATERASさんに一日お世話に。

これからハイシーズンを迎える宍道湖・中海の人気船宿。

船長曰く、まだ走りといった感じで日によってムラがあるので、厳しい釣りになるかもしれませんよ…

なので、折れない心を持って来てくださいとの事。



AM6時  午前の部出船。


全く我々に動じない、白鳥に見送られながら今シーズンの山陰ビッグベイト釣行スタート。


徐々に釣り下りながら、思い思いのポイントへルアーを通す。

昨日、良かったエリアに案内してもらうも、何もなし…。

今日は厳しいのか?


そんな一抹の不安を払拭する、オーシャン先生の一撃(笑)

「ジョイクロって釣れるんだね〜」

と、一言(笑)その言葉が新鮮で笑えたw

とてもコンディションの良い70後半の個体。


続けとばかりに、キャストするも船首二人の沈黙は続く…。


そうそう、しっかり投げ倒してきました。

マングローブスタジオ

 ビッグバンディット

195mm  77gと、コノシロなどの大型ベイト、ビッグベイトパターンに的を絞ったサブサーフェスルアー

ロッドを強めに煽ると、水面下30cmくらいを幅の広いスケーティングアクションが可能。

ほんと、ルアーが反転する位の平打ち。


軽くトゥイッチすると、水面をドッグウォークしたり、水面直下での使い方がまだまだありそうで、

もう1日投げ倒す必要がありそうです。


序盤はアクションのつけ方などを試行錯誤しながら、ジャーク、ジャーク、ポーズ…ジャーク…ゴン!っと、70中盤の良い個体をゲット。


ビッグベイト=ジョイント系ルアー(笑)
昨日は、船首、船尾のジョイクロ使いに挟まれながら、ひたすらにビッグバンディットを投げ続ける…。


船首に陣取るfishmanテスターのcomodo610 & ジョイントルアーマスターのほせお君
自身が提案した、おすすめカラーで、渋い中見事にキャッチ。
も、本人は集中力が続かないと連呼(笑)

午前中は、少なからずチェイスやバイトがあったものの、チャンスを活かせず終了。

昼食

昨年、仲間といった蕎麦屋へ再び♪

中国山地蕎麦工房  ふなつ 

画像は、ほせお君から拝借。


僕は食べる事で頭がいっぱいで…すっかり忘れてた(笑)

がっつり食べて、昼の部に備えるため休憩…。


開始時間は14時。


PM 14時 午後の部出船
気温の上昇とともにジリジリと肌を焦がす太陽の下、ひたすらビッグバンディットをスケーティングさせる。

手前まで来たルアーの60cm〜1m下に付いてくるシーバス…。
レンジが合ってないのか…。

食わせの間を意識しながらジャーキングするも時間だけが過ぎる…。


気がつけば西に陽が傾き、いよいよゴールデンタイム突入も不発(笑)


ゴールデンタイムから少し過ぎた時…
スケーティング中のビッグバンディットにドンッ!


軽く追いアワセを入れ、慎重に寄せてくる。

と、船の間際で全身丸出しのテールウォーク(笑)

そのまま船に飛び込んでくれたらよかったのに…


よく見るとテールフック1本の1本(笑)

今にもバレそうな感じ。

それでもドラグはフルロック。。一切緩めない(笑)

fishman BC4 510XHのポテンシャルのみで対応してみる。

首振りで簡単に弾かれるような掛かり。


そんな状況でも6番ガイド付近で素直に粘り、シーバスの突っ込みや首振りを吸収してくれる。

一切ドラグを出さずにネットイン。


一言でいうと

かなり強くて、素直な竿(笑)かな。

無事ランカーサイズでも鱗付けw


最後の一流しで90アップを釣ったほせお君、、

いや、さすがです♪


オーシャン先生、、最後TOPで見事にランカーサイズ掛けたのに惜しかったっすね。。。


次の皆の遠征は7月の藻場ゲームですねw

僕は6月9日、、、リベンジだw


水温の安定と共に、僕の周りでも釣果の声が届きだした。

いよいよ、、今週末からはGW。
サラリーマンの僕は、公休と有休を合わせ9連休の予定。

例年連休中は、ご近所の遡上魚を優先的に狙うんだけど、今年はシーバスをメインに遡上魚を少し。

さて、前回から引き続きMARIBでの釣行をw
78はたまに見るんだけどね。
広島市内じゃなかなか売ってなくて…。


めちゃくちゃ釣れるんだけどね(笑)
MARIB。
この時のベイトはイワシ。
サイズは8cm〜12cmくらいかな?
でも、今はまた違うベイトにシフトしたみたいで、いよいよご近所も春爆間近?


そんな中、名人船長さんから今朝LINEで…。

マリブ92が炸裂したそうです。。。


羨ましい釣果♪

ご近所では、シーバスにサツキにチヌ…。
遠征ではアカメを視野に…
忙しい時期に突入ですね。

休みが大量に欲しい(笑)

あ、ランドロックは釣りました(笑)
MARIBじゃないけど( ̄▽ ̄;)



気管支炎を発症し、病床に伏せながら自身の今までのMangrove Studioモニター活動を振り返る。

で、、、ふと気づく(笑)


MARiBでの釣果報告を書いてない事をw


急いで、近くの釣具店に行くも残念ながら72mmしか無かった(T ^ T)



MARiB

68mm・78mm・92mmと3種類ラインナップされており、それぞれの有効レンジが異なる。

・68mm水面付近~60cm

・78mm水面付近~80cm

・92mm水面付近~120cm

と、使い分けができる。


常夜灯の明暗で盛んにベイトを追い回してた個体。

追われてるベイトのサイズより少し小さいか?と思ったけど素直に口を使ってくれた。



やはりこれから季節が進むにつれ、92mmは欲しいな。

68と92を探さないと…


残念ながらランカーとは行かなかったけど、体高のある強い魚

MARiB78で釣果が出せて一安心。



一気に春めいたこの頃、いよいよ始まってきましたよ〜♪

次はいつ。。行くか(笑)

この時期から、徐々に天然遡上や放流で機能してくるパターン。

ここ数日は、ベイトの濃いエリアに対して、シーバス着き方の良いポイントを探して河口から中流域を見て回る。
下げのタイミングで、この時期に狙うのは、比較的流れの緩いポイント。

狙うは、水面下30〜40cm位のシャローレンジ。
雪代の影響で、やはり低活性。
何回も同じラインを通して、ようやく口を使ってくれた。
しつこく何度何度も(笑)
で、粘り勝ち♪


込み潮では、流れの芯に着いてる場所もあり、その場所を掴めば"もらった"ってなるわけなんだけど、まだムラがあるみたい(笑)


沖の橋脚に着いてた個体。
潮が橋脚に当たり出した時に、口を使ってくれました。

こういった個体が増えてくると、いよいよかな?なんて、淡い期待を寄せてます。
久々に良いサイズでした。

季節毎のパターンを掴めば、顔を見せてくれるシーバス。
いよいよ、春開幕ですかね?

ポイントに着いたら、

"とりあえず、生(SALDINA!)で"(笑)


今年は小規模河川に暖を求めて、チヌが大渋滞してるみたい。
元々、数の多いチヌやキビレ。
それが、密集してたら目立つよね(笑)

今回は、暖かくなったデイチヌ狙い。
あわよくば、シーバスなんて思ったんだけど…。
チヌ多すぎ(笑)
ダブルヒット…。サイズも40〜が時合突入となると、入れ食い(笑)
真っ黒い子や、
もう少しで年無し…。なんて個体も。
惜しい…久しぶりに超えたか?なんて思ったのに…
チヌのブツ持ちも久しぶり♪
釣友のおきさんは、隣でボコボコ釣るし(笑)
充分楽しめた♪
また…行こうかな…
IP26持って(笑)


ここ数年、ネットやSNSの等で一気に市内河川のシーバスゲームも情報戦へと移行。

フィールドで得た生の情報より、PCやスマホからのデジタルな情報を主に収集する人が増えたように思う。

情報は大事。


だけど、頼りすぎると見えるモノも見えなくなってしまう。


僕はほどほどで良いかな(笑)


アナログ的な考えな僕には、仲間内や釣具店の仲のいい店員さんと情報を共有したり、フィールドに立つ方が性に合う。

自らポイントや時合を見つける楽しさ、

シーバスの群れを見つけた時のワクワク感。


何回、何十回とホゲたり、バラしたり、、、

魚を完全に見失ったり、、、


時にそれが苦しい、しんどいって思う事もあるけど、

本気で獲りたい!

そう思わせてくれる、個体を手にする事でその苦労が報われるんだよね。

今、自分が狙える個体を獲ったら、

次はもっと・・、もっとと、欲が出る。

その欲求を満たす為に、なるべく人より多くフィールドに通う。


もちろん、経験から成り立つ事もあるんだけど、

市内河川は毎年、地形や流れが変わる。


その変化を一つ一つ確認する為に、フィールドワークが必要なわけで。


今年もまた、薄っぺらな経験と体力で、散々通うんだろうな…。


だれか、僕に情報をください(笑)



さて、、、


ここからはモニター中でもある

Mangrove StudioSALDINAについて。

僕のBOXには常に鎮座してるSALDINA。

主力は127Fと137F。

特にサイズ感を気にした事はないんだけど、137Fを使う場面は年間通して飛距離が欲しい時。

127Fではあと数m足りない。。。

数m先のあそこで、ターンさせたい。


そんな、歯痒い状況を137Fで補うようにしてる。

もちろん、飛距離だけじゃなく様々な状況で、その時のその場所での最適なルアーをローテーションするんだけど、僕の思うルアー要素って、大きく分けて6つある。

  • 「飛距離」 
  • 「動き」     
  • 「レンジ」 
  • 「大きさ」 
  • 「色」        
  • 「形」        
この中で重要なのが、

飛距離・動き・レンジ。


いや、大きさが最重要だ!正義だ!!って人が居る事もわかる(笑)

周りの凄腕達がそうだから(笑)

40cm670gを軽く振り抜く時代がすぐそこまで来てるような気がする(笑)

ジョイクロの178がフィネスと呼ぶ猛者を知っている(笑)


話を戻そう。

ルアーローテーションをする時、大半の人はその状況に合わせ、その時に最善のルアーをセレクトすると思う。


今この状況で、この流れが出たタイミングなら、このルアー!!なんて、信頼のおけるルアーをいくつかもっておくと、かなり釣れるようになる。

その為にはそのルアーの特性や癖を、理解しなければならない。

逆を言えば、それだけ使い熟す事で釣りの幅が広がる事になる。


SALDINAに関して言えば、ビギナーの方でも扱い易いルアーだと思う。 


先ずは、ガンガンに流れの効く状況化で、小難しい事を考えずに、

ダウンストリームに投げルアーの抵抗を手元に感じながら、ゆっくり巻いてみて欲しい。

きっと、それだけでルアーローテの一角になると思う。


僕は、基本的にアップストリームからラインを先行させて巻く釣り方や、ピンでターンさせる様にスラッグを取りながら流し込む使い方をその状況に合わせて使い分ける。

こうする事で、1つのルアーでパターンの違う釣り方ができるわけ。

要は、ものぐさな僕のルアーローテの一角(笑)


1つのルアーを使い熟すと、その状況に応じたアプローチも出来る。


しかし、昔の僕を知ってる友人がのblogを見たら、驚くね(笑)

ルアーはブリブリ動いてなんぼ!!

目立たせてなんぼ!!

そう昔、言い放ってたのに(笑)

今では、どうやってあそこでターンさせるか……。

なんて事を考えながら、フィールドに立ってる自分自身が笑える(笑)


あとは、フォブリング系のルアーがあれば。。。
あのパターンでも爆発しそうなんだけどな。。。
どこか作ってくれないかな〜。。。

と、アピール(笑)




久々のメバル釣行で、大島へ。
数年前はよくデイメバをやりに来てたんだけど、最近はめっきり足を延ばす事がなくなった。


明るいうちはあまり良い反応が得られず、時間を潰しながら夜の部へ(笑)


ここからは後から大島に入った友達とRUN&GUN。


島内を広範囲に攻めながら、立ち寄る場所でポツリポツリと小さなメバルが相手をしてくれる。

最近このアングルがお気に入り(笑)

個体毎に違う縞模様をレンズに収める事が妙に楽しい。

縞模様が薄くなった少し良いサイズのメバル。



釣友が教えてくれたポイントとパターンでプチ連発♪

持つべきものは友!

ですね♪
すんなり、良いサイズを釣る…友(笑)
負けじと…全く同じ事をして釣る(笑)
ここでは、飽きない程度に良いサイズも出て楽しめた。


まだ、春とは言い難い状況でも終始楽しめた大島メバルゲーム。

次は暖かくなってから…かな。

この時期から、プラグに偏るんだけど今年はずっと、メタルジグで頑張ろうかと(笑)

例え、ベイトが
コイカだろうと…
メタルジグで狙おう(笑)
付き場は不安定だけど、アフターがようやく帰って来た。

何年振りだろう?

仕事の都合で今年は土曜日の昼間だけ遊びに行けた。

まだ人も疎ら?なんて、思ってたらすごい人だったと言う…(笑)


当日券を購入し、真っ先に目指すは3号館。

fishmanブースに、ほせお君発見♪

BRIST comodo6.10XHや、BRIST VENDAVAL8.9Mのお話。

果ては対重戦車用プロト78XXXHだったかな?600gは余裕で担えるみたい(笑)

僕が気になったのは、Beams CRAWLA6.6L+

なんていうか、触ってビビビッてくるRODでした。

春からの幅広い釣りに対応できそうで購入するか本気で悩んでます。

ほせお君、忙しいのに色々ありがとうございました♪


次に、時間が少ないんで駆け足でSHIMANOブースへ

NEW WORLD SHAULA

釣友からインプレお願いってことで、触りに行ってメーカーさんに事細かく詳細を聴く(笑)

お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました♪

インプレは報告済みなのでここでは割愛。


次にAPIAブースへ。

GRANDAGE

シーバスRODに関して、昨今琴線に触れる事が無かったのでオリジナルを愛用してましたが、

今回触らせて頂いたGRANDAGEのプロトのプロトタイプ?

ft 8.8 or 8.10が、”もし”リリースされたら即買い間違いなしです(笑)

もう少し張りがあっても良いくらいでした。

松尾さん、お忙しい中ありがとうございました。

僕だけに、ドストライクなROD期待して待ってます♪

気がつけばこんなにカタログを(笑)

いろいろ駆け足で周りましたが、半日でしたが十分楽しめました♪

最後にfishmanブース前で。

原さん、藤田さんありがとうございました(^^)



周りのトラウトアングラーの話題はすでに春。

解禁間近という事で、皆さんСимаの話題で盛り上がってる様です。


僕はというと、いまだに3月からどうするか悩んでます(笑)

今年こそちゃんと追ってみようか?

それとも例年通りか。。。


決めきれない自分の手元にまた艶かしいモノが(笑)

ZBL DEVIL FLATTER '77S ゴールドチャートマークヤマメ

trout tuneの粋なヤツ。

益々悩む(笑)

Симаの事はよくわかりませんが、サツキマスにはかなり良いんじゃないかと。


ZBL DEVIL FLATTER '77Sと同社のRigge MD86SSヤマメ・H

この2種を主体にサツキマスは追いかけます。

あとは、Симаかぁ〜


チャレンジするかどうか。。。

解禁直前まで悩みながら、市内シーバス追っかけます(笑)

p.s   頼まれたモノでしっかり釣れました♪